4月23日 24日 降誕会法要 講師:菅原昭生 師

4月23日 24日 降誕会法要

講師:本願寺派布教使 菅原 昭生 師(島根県)

親鸞聖人のご誕生をお祝いする、浄土真宗のとても大切なご法要の一つですが、数日前に鳥取県中部において新型コロナウィルスの感染者報告が出たこともあり、同日に予定されていた仏教婦人会総会が中止となる中での開催となりました。

可能な限り予防対策はしましたが、やはり例年と比べると参拝される方は大幅に少なかったです。コロナ禍における行事開催の難しさを実感することとなりました。

ご法話では、新型コロナにちなみ、病、死をどう捉えて人生を考えていくか、いのちの行き先としてのお浄土についてお話を下さいました。

病をはじめとして、私の人生は様々な不都合と出遭っていかねばなりません。老い、衰え、死んでいくわが身を引き受けた時、あらためて、支えられ生かされる私のいのちを、本当の意味で喜ぶ人生が開かれるのだと聞かせていただきました。

 

関連記事

  1. 宗祖降誕会法要のご案内
  2. 12月16日・17日・18日 御正忌報恩講 佐々木 大観 師
  3. 3月17日 18日 春彼岸会法座 講師:藤田勝昭 師
  4. 「初参式」中止のお知らせ
  5. 8月20日・21日 盆法座 菅原 俊軌 師
  6. 8月17日 第10回勝福寺盆踊り大会
  7. 本堂耐震改修事業寄付者ご芳名銘板が設置されました
  8. 8月21・22日 お盆法座 寺田教昭 師(山口県)
PAGE TOP